インプラント

インプラント

インプラントと上顎洞の関係

上顎洞炎(じょうがくどうえん)は、上顎洞(上顎の骨内にある空洞)の炎症や感染症を指します。上顎洞は副鼻腔の一部であり、鼻腔とつながっています。 インプラントと上顎洞の位置関係 上顎洞は上顎の奥歯の上方に位置しており、上顎の骨の厚みが少ない場...
インプラント

下顎の臼歯部には神経が骨内に走行していますその部位のインプラントは難易度が上がる事が有ります

下顎の臼歯部には神経が骨内に走行していますその部位のインプラントは難易度が上がる事が有ります
インプラント

インプラント埋入の際上顎洞までの距離が無い時のソケットリフト

インプラント埋入の際上顎洞までの距離が無い時のソケットリフト
インプラント

上顎洞までの距離が無い場合のインプラント サイナスリフト

上顎洞までの距離が無い場合のインプラント
インプラント

保険の入れ歯やブリッジを入れた場合の顎骨の破壊とインプラント

保険の入れ歯やブリッジを使用する場合、顎骨の破壊が発生する可能性があります。これは、いくつかの理由によるものです: 圧力や負荷の不均衡: 入れ歯やブリッジは、天然の歯がない場所に人工の歯を置き、噛む力や圧力を骨に伝えます。この場合、不均衡な...
インプラント

骨が破壊されている状態のインプラント骨の修復

骨が破壊されている状態のインプラント骨の修復インプラント厚木インプラント座間
インプラント

骨が十分有る時の前歯のインプラント

前歯のインプラントは、歯が欠損している場合や抜けてしまった場合に、その代わりとして人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。通常、インプラント手術は、骨が十分にあることが前提となります。
インプラント

インプラントの恐怖感に強めの静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、向精神薬、鎮痛薬を組み合わせて静脈内投与し、治療に対する不安感や恐怖心を和らげるものです. 静脈内鎮静法は、全身麻酔とは異なり、意識を保ったまま、うとうとしたようなぼんやりした状態になります. 静脈内鎮静法は、治療に伴う不安感や恐怖感、ストレスによる血圧や脈拍の変動、嘔吐反射などの症状を軽くすることができます. 静脈内鎮静法は、意識下で恐怖感や不安など精神的な負担を取り除くことができます。薬剤ジアゼパムは、主に抗不安薬、抗痙攣薬、催眠鎮静薬として用いられるベンゾジアゼピン系の化合物です. ジアゼパムは、静脈内注射や筋肉注射によって投与されます。ジアゼパムは、治療に伴う不安感や恐怖感、ストレスによる血圧や脈拍の変動、嘔吐反射などの症状を軽くすることができます。ペンタジンは、中枢神経に働いて、痛みをやわらげる働きがあります. 激しい痛みをおさえるお薬です. ペンタジン注射液15は、麻酔前投薬、麻酔補助、癌の鎮痛などに用いられます. ペンタジン注射液15は、1回15mgを筋肉内又は皮下注射し、必要に応じて、3~4時間毎に反復注射することができます。ペンタゾシンは、強力な鎮痛作用を持ち、かつ依存性のない鎮痛薬の開発を目的として作られたベンゾモルファン系の化合物 ハイドロコーチゾンやデカドロン副腎皮質ステロイドは、炎症を抑制するために広く使用されている薬物です。これらの薬物は副腎から分泌されるコルチゾールと似た作用を持ち、炎症反応を鎮める助けになります。
インプラント

ソケットリフトと静脈内鎮静法について

ソケットリフティング(Socket Lifting)は、歯科インプラント治療の一部として行われる手法です。歯科インプラントは、歯のない箇所にチタン製の人工歯根を埋め込む治療法であり、その後に人工歯を取り付けます。ソケットリフティングは、抜歯後の歯槽骨を保護し、新しいインプラントが適切に受け入れられるようにするための手術的な手法です。 ソケットリフティングの過程は、以下のようなステップで行われることがあります: 歯を抜歯する際に、歯槽骨が崩れないように注意深く取り扱います。 歯を抜歯した後、歯槽骨の空いた部分に骨移植材料や埋め込み素材を充填します。これによって、歯槽骨のボリュームを保持し、新しいインプラントがしっかりと受け入れられる基盤を作ります。 骨移植材料を充填した後、縫合を行います。 手術法は大学で教えているわけではなく、独自に試行錯誤で習得した手術法です。他の診療所では同じ手法でおこなってはいません。
cerec

ブリッジとインプラントの違い

ブリッジとインプラントの違いは以下の通りです: ブリッジ(橋渡し): ブリッジは、1つまたは複数の歯が欠損している場合に、歯を支えるために使用される補綴方法です。 健康な歯を支えにして欠損した歯を補うために使用されます。 隣接する歯に対して...