インプラント

インプラント

上顎前歯部のインプラント抜歯部位の場合

抜歯部位のインプラントでは抜歯窩は肉芽組織で封鎖されていて、掻把すると歯の有った空隙ができる。その穴の位置にインプラントの既定のドリルを入れるとインプラントと空間の間に空間が出来てします。その空間を骨補填材等で封鎖しないと、肉芽組織が侵入...
インプラント

前歯の骨が細くなっている部分へのインプラントの重要点

歯が無くなり時間が経つと前歯部の骨が細くなり、そのまま既定のドリルを入れると骨が無くなり、 インプラントの埋入ができなくなる。その為専用のキットで骨を拡大してインプラントを埋入する。 最初にパイロットドリルで位置決め次に拡大の...
インプラント

小臼歯部のインプラントの注意点

第一小臼歯部は頤神経に影響は少なく、第二小臼歯部に頤神経の開口部分が有るので、その違いがインプラント埋入に関係してくる。
インプラント

徐々に歯がダメになって置き換わりインプラトのセラミックブリッジ

治療受けた歯は徐々にダメになり最終的にインプラントに置き換わりセラミックのブリッジになった状態
インプラント

前歯のインプラントの注意点

前歯の間は狭いのでドリルの入れる事が難しい場合もあって、隣在歯の歯根に注意が必要。前方部の骨欠損は自家骨か骨補填材で覆い修復することが多い
インプラント

インプラントの際骨が良好とは限りません

インプラントの際骨の内部の病巣を掻把すると大きな穴になりインプラントの固定がうまくいかなくなることがあります。その際骨の欠損の処理が必要になります。欠損が比較的小さい場合インプラントを埋入してその欠損を骨補填材で修復する場合と、大きい欠損...
インプラント

インプラントにアバットを接続してセラミックの歯の作成の要点

前歯部のインプラントは歯根尖部分の骨が凹んでいるため、インプラントの埋入手術が歯冠部分で前方に傾斜することが多い。その為後方に傾斜した角度付きのアバットメントを使用して歯冠を両隣在歯の方向に一致させてセラミックの歯を作成する。(直線のアバ...
インプラント

上顎小臼歯から大臼歯に及ぶインプラト

インプラントが咬合力に対抗して維持されるには、骨とインプラントの接触面積が重要です。その部位の骨の状態が薄いあるいは深さが無い等の状態が有る。深さが取れない場合直径の太いインプラントを使用して、骨とインプラントの接触面積の増大を図ります。...
インプラント

下小臼歯部のインプラントの特徴と注意点

下小臼歯部の狭い部位のインプラント 第1小臼歯部位は頤神経の開口の人は少ないので比較的深くインプラントを入れられることが多い。 骨の吸収で隣接との間が無く深い位置の事も多くエクステンションでドリルを入れる必要なこともある。第2小臼歯部位は...
インプラント

ソケットリフトで上顎洞挙上のテクニック

上顎洞までの距離が無くてソケットリフトで上顎洞挙上を行いインプラント埋入 オステオトームで骨を叩いて挙げると骨に抵抗感が無くなり持ち上がる。その状態で太いインプラントをトルクを掛けてねじ込むと、骨がインプラントに絡みついてインプラントが骨...