インプラント

インプラント

骨の不足部の骨造成について解説と実際

不足部位の骨造成は自家骨か人口物を使用して不足部分を補います。 採取骨移植の方が確実性が上がるので骨が採取可能な場合は自家骨を選択します。 自家骨の固定は粘膜下に入れるか、インプラントピンで固定する方法があります。 ...
インプラント

インプラント部位の骨の不足に対して骨採取法

移植骨採取の際可能な部位は下顎親知らず 上顎臼歯部 下顎頤部等が考えられる。 下顎親知らず部の採取の実際は頬側方向の骨を採取する。
インプラント

静脈内鎮静法でインプラント サイナスリフトとソケットリフトの違い 実際の手法 審美歯科厚木 本厚木歯科

意識を落としてインプラントの為開口機を使用して行う。 3か月前に上顎洞までの骨が3mm程(それ以下かもしれない)の為ソケットリフトで上顎洞の挙上を行っている。細目のインプラントの為のドリルで開けた穴に太いインプラントをねじ込む事で骨がイン...
インプラント

インプラント植え込みの際骨の状態と重要点

インプラント植え込みは個人͡ごとに違っている、違いは骨の形態や性状つまり硬さです。 骨の形態が細い人では骨の中央(骨髄)を狙うのに側面に突き抜ける可能性が有る。中央を狙っても細く長いインプラントを使用する必要が有る。(骨と結合面積を...
インプラント

インプラントを植え込み時の位置関係の注意点

インプラントを骨に植え込む時、隣接歯やインプラントとの位置関係は重要で通常5mm程離して植え込む。 近接する歯の歯根に接触する可能性が有る為離す隣のインプラントに接触を防ぐアバットを立てて歯冠を作成するのに、近接しすぎると小さな歯冠...
インプラント

前歯の狭い部位のインプラント

前歯部の狭い部位のインプラントの特徴  両隣在歯の関係で細いインプラントを使用する必要が有る。前歯部は骨の状態で前方に角度が付く事が多い。角度を付けないと前方の骨を突き抜く恐れがありテクニックが必要。長期に安定させるために長径の長い...
インプラント

インプラントに歯を作成する為のアバットの形態

インプラントにアバットを接続して歯を作成する事になるのですが、アバットメントの形態の要素を挙げると、 アバット全体の長径(対合歯との位置関係で決まる) アバットの歯肉接合部の長径(歯肉が厚いと長くなる)アバットの角度(インプラントが...
インプラント

定着したインプラントにアバット接続の要点

定着したインプラントにアバットを接続するのに先ずは歯肉パンチで正確にインプラント上部の歯肉を除去してアバットメントをネジで結合させ歯の土台を作る。その際ストレートのアバットを接続すると外に出すぎて対合歯と噛まなくなるので角度付きアバットを...
インプラント

インプラントを骨の中に植え込む

インプラントは骨の中に人口物を植え込む治療で、その注意点は骨のラインより0.5~1㎜程骨の中に植え込むのがコツで、これをボーンレベルといいます。その理由はインプラント埋入後、人によってインプラント上部の接続部から下方に向かって、骨...
インプラント

インプラントの埋入の位置関係の重要点

インプラントの埋入の際の隣接する歯またはインプラントとの位置関係の重要点 隣接する歯に近接しすぎると、歯の歯根にダメージがおよび歯の痛みを生じさせる事が有る。隣接歯と離れすぎると、インプラントの歯が大きくなりすぎるあるいは延長の歯を...