セラミックとは?性質や種類について解説

📞046-285-0651

セラミックの歯治療費

その日に治療終了

オールセラミック5.5万円

イーマックスe.max ジルコニア

ハイブリッドセラミック3万円

セラミック治療はなぜ必要?

日本人は子供の頃歯並びを治す習慣が少なく、大人になって外見を気にするようになると思います。

その頃は学校や仕事で外見上ワイヤー矯正はしずらいのではないでしょうか?

短期間で気になる歯並びの改善方法として進化してきた治療法としてセラミック治療が有ります。

人間の第一印象は先ずは外見からが大切なのは誰しもが思うところです。

仕事や学校では人間関係でコンプレックスになる事も有ると思います。 テレビに出ている芸能人等の外見が話題になるのもうなずけるのも当然です

歯並びの悪い種類

乱杭歯 八重歯 (叢生)

顎の骨が歯の並ぶ本数分程間隔が無いために歯が重なって生えた状態を意味します。中心の前歯が捻転や離開して傾いたり隙間が有るようでは、気になるかたも多いのではないのでしょうか。

俗に出っ歯(上顎前突)

上下の骨の位置関係や指しゃぶりが原因と言われている咬合異常で、唇が歯に引っ掛かり閉じにくい等の状態が考えられ、口呼吸や歯周病の原因にもなります。歯肉が唾液の循環により守られていない事で乾燥する事によります。

受け口 しゃくれ顎(下顎前突)

下顎が上顎に比べて前方に有る状態で大きく骨の位置関係がずれていると、外科処置が必要になる事も有ります。

上記不正咬合は歯の当たる場所が限られることで咀嚼がしずらくその人独特の噛み方が有ります。その為特定の歯がヒドクすり減っていたりすることも多いようです。噛み方の癖によって不正咬合が顎関節に負担がかかり顎関節症の症状を起こす事も有ります。

セラミックについて

セラミックスとは製品でセラミック原料で作られています、一般にセラミックの歯と呼ばれるようになっています。焼き固められた陶器の事です。

セラミックの性質

セラミックは口の中で科学的変化やイオンになって溶け出したりしません。

金属はイオンになって溶け出し局所的には歯肉の入れ墨の様な着色が起きるのに気づくことでしょう。全身的には掌蹠膿疱症や扁平苔癬等が知られています。

口の中の金属を撤去すると改善が起きる事も経験します。

ネックレスやピアスを使用しただけで体に異常を起こすのに、口の中に金属が使用されて絶えず溶け出す金属を体内に取り込む害は、予想しない健康被害の原因の可能性を否定できません。

口腔の治療に従来使用されてきた金属は加工技術がそれだけだったのでしかたないのですが、現在はセラミック加工技術が進化して複数の材質が使用される様になっています。

セラミックの種類

過去にはメタルボンドと呼ばれていて金属にセラミックを焼き付ける方法が取られてきましたが、金属を使用する為歯茎が黒ずむ症状を見かけます。ですからこの治療法は特殊な場合に限って行われるかもしれません。

現在大きく分けてセラミックは

オールセラミックとハイブリッドセラミックに分かれます

オールセラミック

イーマックスe–max

二ケイ酸リチウムガラスを主成分として作られていて発売元はリヒテンシュタインの陶材メーカーのイボクラから供給されてきました。

製品として透過性で HT(ハイトランスルーセント) MT LT(ロールーセント)の3種類が 色はA1~そろっていますがほぼA1~A3で作成する事が多いです。何故かというと治すのに極端に暗い色等使用しません。

基準は白めA1 普通に白いA2 自然な感じA3 で設定する事が多いです。

元々の歯が綺麗な場合HT MT使用で透過性を高め歯が着色している場合LT使用で下地の色を浮き出にくい様に使用します。

以前は技工士が型取りの模型に従って手作りでしたが、cad/camのコンピューターで作成しています。手作りの頃は溶かしたセラミックを鋳造の様に作成していたため良く割れるトラブルが発生したものです。cad/camは既定のブロックを削り込む事で焼き固めるため、割れにくい製品に仕上がります。

ジルコニア 

酸化ジルコニアを主成分として作成されています。

加工技術が進化してきたことで使用する事が出来る様になってきています。

硬さはセラミックの中で最も固く割れにくい素材です。

以前はパール感の強い発色でしたが透明感の有るジルコニアが発売されてきた事で治療技術の進歩につながっています。

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックの合成された製品で経年劣化の着色やすり減りが考えられますが、費用が安く済みますし手軽に行われています。 健康保険に導入されていて小臼歯から前方は通常この治療法で行いますが、ブリッジは従来道理です。

セラミックと従来に治療法の違いと改善点

従来は金属を専用のセメントで接着していましたが、接続部分にセメント破折が生じ2次カリエスと呼ばれる虫歯の状態が良く発生しました。ですから金属が良く取れたり、痛みが有り外すと内部が虫歯になって大きく歯が崩壊している等と言うこともよくあって、最悪抜歯になったりとします。

セラミックの接着は従来とは異質でセラミックにシラン処理を行い、セラミック素材と歯にボンディング処理をして強硬な結合状態にします。ですから歯とセラミックの結合部からの2次カリエスが発生しにくい理由はその点からです。

セラミックの結合部は歯肉の少し上にする事が多く、接合部の清掃性を高めその部位のカリエス発生を予防しています。

光学印象はこれからの主流になる理由

セラミックは以前は技工士が模型に合わせて手作りしていたのですが、技工士もcad/camで作成しています。セレックで直接口腔の光学印象した方が、型取り剤 石膏模型を介して作成された製品よりも精度が高いことになるのです。精度は10ミクロン程度と言われています。

型取り剤変形と石膏膨張収縮の2つの要素の誤差が加わるために精度が落ちるのが理由です。CADの方がブロックを削りファーネスで焼き固めるので硬い仕上がりになります。以前の技工士が手ずくりしていたプレス法のセラミックはよく割れてトラブルになったものです。

前歯の色や形について気になる場合

その日に治療が終了する。セレック治療です。以前は銀歯で保険で長期間来院の必要が有りましたが、1回の来院で全てが終わるセラミック治療です。従来の様に型取りなどはしない画期的な治療法です。色も当然オールセラミックなので綺麗です。

インプラントの上に仮歯をセット

インプラントの上に歯を作成する場合形や機能を確認する場合仮歯を作成して状態確認します。セレックオムニカムでレジンブロックから削り出すので硬いためかなり長期に持ちます。