ウクライン点滴治療の特性とは?

ウクラインの特性

  1. 注射後速やかに癌組織に移行して細胞死を引き起こす正常細胞に悪影響がほとんど無い
  2. 毒性濃度と有効濃度の比投与許容量(TI)は1250で安全性が高い(一般的な抗がん剤は1.5前後)
  3. 癌組織周囲の新生血管の生成阻害作用によって腫瘍の増殖を抑制
  4. ナチュラルキラー等のリンパ球の活性化によって免疫の増強作用
  5. 結論として副作用がほとんど無く癌を選択的に細胞死させる理想的な抗がん剤
  6. 殆どの科学療法の代用として使用できる
  7. 縮小させて手術除去範囲 侵襲を少なくする
  8. 唾液腺癌(腺様嚢胞癌)縮小効果の経験がある
  9. 手術を受けたくない
  10. 口腔に癌が広がって呼吸困難や食事摂取困難な場合
  11. 手術不能で他に手段が無い

  • 舌癌 唾液腺癌(顎下腺癌 舌下腺癌等) 歯肉癌 上顎癌等で手術不能 手術を受けたくない口腔に癌が広がって呼吸困難や食事摂取困難な場合腫瘍を縮小して症状を緩和したい場合の使用

1クール40バイアル 2週目頃から硬い癌組織が柔らかくなり縮小効果が表れたら完全に縮小するまで継続する

硬化を発揮すると腫瘍が破壊されてだるさを感じる

縮小して症状が軽快した例で食事と呼吸困難の軽快した患者さん

来院時ホスピスを進められていた状態で他に手段が無く呼吸困難 食事困難の状態が主訴