セラミック インプラント歯の作成方法

  1. 今は歯を作成するのにコンピューターによるデジタルシステムに変わっていますですが、以前は技工士が手作りで行っていました。
    1. 歯を不必要に削らずに健康部分を残して作成する事で歯へのダメージが少ない治療法です。
    2. インプラントの上の歯の作成
    3. インプラントの上にアバットメントをセットして歯を作成臼歯部が無くなっている
    4. インプラントにアバットメントをセットしてスキャナーで光印象
    5. 角度付きアバットメントをインプラントにセットしてオールセラミックの歯作成セット
    6. 前歯が1本無くなってインプラントの場合
    7. 一定の間隔でインプラントが入っている場合
    8. 上の殆どはが無くなって外見と機能復元の為のインプラント行い装着後は自然な外見と機能になります
    9. 上の歯が殆ど無くなって7本のインプラントにアバットを接続して歯の作成
    10. 前歯1本抜けてインプラントの場合の簡単な治療
    11. 小臼歯が一本抜けてインプラントのの場合の復元
    12. 10数年前は今と違ってインプラントの上には金属にセラミックを焼き付けるメタルボンドが主流の時代です。今はセラミックで歯は作ります。アバットに被せるのは変化有りません。
    13. 奥歯が全て無くなった状態からの復元
    14. 両側臼歯が無くなってインプラントの場合
    15. 片方臼歯が無くなってインプラントの場合の歯を作成セットの場合
    16. 小臼歯部が無くなってインプラントの場合の歯のセット
    17. 上顎小臼歯から大臼歯が無くなった状態をインプラントで治して噛める状態に復元
    18. 上の奥歯が全て喪失してインプラントの場合の歯の復元
    19. 前歯が全て無くなったので噛みにくく恰好悪くてインプラントの場合 外見と機能の復元
    20. 下小臼歯大臼歯のインプラントの場合の歯の作成
    21. 良くある上前歯が喪失して外見に問題が有ってインプラントの場合の歯の復元
    22. 奥の小臼歯大臼歯が無くなってインプラントの場合の歯の作成
    23. 前歯が複数無くなってインプラントの場合の歯の作成
    24. 奥歯が無くなると特に大臼歯の喪失は非常に噛みにくくなるその機能回復に臼歯部にインプラントで復元
    25. 奥歯は喪失する確率が高くインプラント例の頻度の高いものです
    26. 小臼歯部の欠損の場合のインプラントは簡単な治り方です
    27. 大臼歯のインプラント結構この様な方多いです。インプラントで元に戻り易い欠損です。
    28. 良くある奥歯 大臼歯が無くなってインプラントで復元
    29. 小臼歯が無くなると奥のはが倒れれて無くなった部位をふさごうとします。喪失したら6か月以内にインプラントのひつようが有ります。出ないと前後の歯を削って修復の必要が出ます。余計な治療が必要になります。
    30. 前歯が無くなってインプラントで元に復元
    31. 前歯のセラミックを被せると自然な外見になります5.5万円イーマックス
    32. 前歯から半側奥歯が無くなってインプラントで以前の状態を復元して外見と咬合機能の回復
    33. 前歯を含めてインプラント部位を治す場合
    34. 上顎の大半の歯が無くなってインプラントでの復元でも多少歯が残っている状態
    35. 下の全ての歯が無くなってインプラントの場合現在はオールオン4 6で治す事が多いです。以前は下顎に8本程植え込んでブリッジにしていました
    36. 以前の総義歯の場合のインプラントで現在はオールオン4に置き換わっています 上顎
    37. 結構総入れ歯に近い状態の人は多いと思います。使用してて困った事の多くは発音障害 噛めない等が多いと思います。インプラントで元に近い状態に復元です。
    38. 上の奥歯の喪失してインプラント
    39. 両側臼歯が無くなって入れ歯に不快感の為インプラントをする患者さんも多いようです。
    40. 奥歯半側喪失でインプラントの場合復元して噛める状態に
    41. 長期に入れ歯を使用していると骨が無くなって人口歯が長くなることが有ります。インプラントで奥歯の復元です。入れ歯のわずらわしさから解放されます。
    42. 良くある奥歯が喪失してインプラント
    43. 以前の総義歯からインプラントを行う場合上顎で8本下顎で6本以上植えてブリッジで復元していました。インプラント本数が多い分頑丈でした。
    44. 奥歯が無くなると噛みにくい主訴で来院する事が多いようです。前歯だけで噛むことになり、結果咬合力に耐えられなくなり、総義歯に変化する患者さんが多いです。奥歯のインプラントでの復元が重要です。

今は歯を作成するのにコンピューターによるデジタルシステムに変わっていますですが、以前は技工士が手作りで行っていました。

従来は歯型を取って石膏模型を作成して技工士が手作りしていました。

セレックオムニカムシステムはコンピューターの仮想空間上で3Dデータを作成して

MCXLのロボットが既定のブロックから歯を削り出し、

作成されたブロックをスピードファイヤーで1000℃以上で焼き上げてセットするシステムです。

歯を不必要に削らずに健康部分を残して作成する事で歯へのダメージが少ない治療法です。

インプラントの上の歯の作成

インプラントの上にアバットメントをセットしてセレックでデジタルデータを取得して型取りしないセラミックの作成過程です。その日に治療は終了します。

インプラントの上にアバットメントをセットして歯を作成臼歯部が無くなっている

インプラントにアバットメント接続してセラミックの歯を接続してその日に白い歯完成 セレックでスキャナー取り込みコンピューター認識cad/camで形態データをMCXLにデータ転送してセラミックブロックを歯の形態に削り出しファーネスで焼き上げセット。技工士作成のプレス法より正確に硬いセラミックが完成する。精度は型を取らない事(光の反射によるスキャナー取り込み)と石膏模型にしない事でデジタルに寄る事で精度にずれが少ない。

インプラントにアバットメントをセットしてスキャナーで光印象

インプラントにアバットメントをセットしてスキャナーで光印象データ取り込みMCXLにデータ転送削り出し、実際はジルコニア削り出してスピードファイヤーで1600℃で焼結焼き上げてセット 以前の様に型取りして石膏模型を作り技工士が作成する事は特定の場合を除いて行わなくなりました。型取りと石膏模型の誤差が無くなった事、コンピューター処理で作成にする為精度が格段に上がっています。下はジルコニア仕上げです。歯冠部分はオールセラミック6万円です。

角度付きアバットメントをインプラントにセットしてオールセラミックの歯作成セット

10年以上前のインプラントのネジ緩みでアバットメントをセットし直してセレックでイーマック作成セット 角度付きアバットメントで方向補正しないと対合歯に対して咬合が合わなくなる。以前はメタルボンドで今では時代遅れ オールセラミックの時代になっています。メタルフリーで作成しています。

前歯が1本無くなってインプラントの場合

インプラントにアバットメントをセット(既定の30ニュートンのトルク)してセレックオムニカムで光学印象してMCXLロボットがセラミックの歯を削り出しファーネスでオールセラミックを焼き上げインプラントにセラミックの歯をセットする。その日に治療は終了します。

一定の間隔でインプラントが入っている場合

インプラントが丁度良い間隔で埋入されているとセレックオムニカムで光学印象でセラミックの歯が作成できる。その日にセラミックの歯が完成する。

上の殆どはが無くなって外見と機能復元の為のインプラント行い装着後は自然な外見と機能になります

上の歯が殆ど無くなって7本のインプラントにアバットを接続して歯の作成

前歯1本抜けてインプラントの場合の簡単な治療

小臼歯が一本抜けてインプラントのの場合の復元

10数年前は今と違ってインプラントの上には金属にセラミックを焼き付けるメタルボンドが主流の時代です。今はセラミックで歯は作ります。アバットに被せるのは変化有りません。

奥歯が全て無くなった状態からの復元

両側臼歯が無くなってインプラントの場合

片方臼歯が無くなってインプラントの場合の歯を作成セットの場合

小臼歯部が無くなってインプラントの場合の歯のセット

上顎小臼歯から大臼歯が無くなった状態をインプラントで治して噛める状態に復元

上の奥歯が全て喪失してインプラントの場合の歯の復元

前歯が全て無くなったので噛みにくく恰好悪くてインプラントの場合 外見と機能の復元

下小臼歯大臼歯のインプラントの場合の歯の作成

良くある上前歯が喪失して外見に問題が有ってインプラントの場合の歯の復元

奥の小臼歯大臼歯が無くなってインプラントの場合の歯の作成

前歯が複数無くなってインプラントの場合の歯の作成

奥歯が無くなると特に大臼歯の喪失は非常に噛みにくくなるその機能回復に臼歯部にインプラントで復元

奥歯は喪失する確率が高くインプラント例の頻度の高いものです

小臼歯部の欠損の場合のインプラントは簡単な治り方です

大臼歯のインプラント結構この様な方多いです。インプラントで元に戻り易い欠損です。

良くある奥歯 大臼歯が無くなってインプラントで復元

小臼歯が無くなると奥のはが倒れれて無くなった部位をふさごうとします。喪失したら6か月以内にインプラントのひつようが有ります。出ないと前後の歯を削って修復の必要が出ます。余計な治療が必要になります。

前歯が無くなってインプラントで元に復元

前歯のセラミックを被せると自然な外見になります5.5万円イーマックス

前歯から半側奥歯が無くなってインプラントで以前の状態を復元して外見と咬合機能の回復

前歯を含めてインプラント部位を治す場合

上顎の大半の歯が無くなってインプラントでの復元でも多少歯が残っている状態

下の全ての歯が無くなってインプラントの場合現在はオールオン4 6で治す事が多いです。以前は下顎に8本程植え込んでブリッジにしていました

以前の総義歯の場合のインプラントで現在はオールオン4に置き換わっています 上顎

結構総入れ歯に近い状態の人は多いと思います。使用してて困った事の多くは発音障害 噛めない等が多いと思います。インプラントで元に近い状態に復元です。

上の奥歯の喪失してインプラント

両側臼歯が無くなって入れ歯に不快感の為インプラントをする患者さんも多いようです。

奥歯半側喪失でインプラントの場合復元して噛める状態に

長期に入れ歯を使用していると骨が無くなって人口歯が長くなることが有ります。インプラントで奥歯の復元です。入れ歯のわずらわしさから解放されます。

良くある奥歯が喪失してインプラント

以前の総義歯からインプラントを行う場合上顎で8本下顎で6本以上植えてブリッジで復元していました。インプラント本数が多い分頑丈でした。

奥歯が無くなると噛みにくい主訴で来院する事が多いようです。前歯だけで噛むことになり、結果咬合力に耐えられなくなり、総義歯に変化する患者さんが多いです。奥歯のインプラントでの復元が重要です。