インプラントが3か月を超えて癒着した後歯を作る工程

インプラントが3か月を超えて癒着した後歯を作る工程

局所麻酔を行い 歯肉パンチでインプラントを覆っている歯肉除去 封鎖ネジを外してアバットメント接続規定トルクをかけてセット、セレックオムニカムのスキャナーでデータ取り込みコンピューターの仮想空間で立体構造を作り歯の形態を作ります。(cad/camです)削り出し機MCXLにデータ転送してセラミックブロックから歯を削り出します。 ファーネス(1000℃で焼結)で焼き上げ専用のプラスチックセメントでセット治療終了です。