ロケーター義歯とは?

お役立ち情報

簡単な方法ではロケーター義歯

通常4か所インプラントする事で義歯の不安定な状態を改善する治療法 非常に単純な構造で、4本のインプラントがアンカーになっています。メタルハウジングと呼ばれるインプラントを掴む部分がインプラントに結合するロケーターアバットを掴んで入れ歯が固定されます。

2か所で固定すると多少不安定

通常の入れ歯が落ちる理由

入れ歯が落ちるのはインプラントアンカー等が無いため触るだけで落ちて固定されていないので、噛むと動き噛めるはずがないのです。その為入れ歯安定剤で常に貼り付ける必要が有ります。大きいので違和感が非常に強い欠点があり慣れて噛める状態になるには数年を要します。

まとめ ロケーター義歯 4本のインプラント固定義歯

ロケーター義歯は、インプラントを利用して義歯の安定性を向上させる最新の治療法です。厚木旭町歯科では、通常4本のインプラントを使用し、メタルハウジングを介して義歯をしっかりと固定します。この方法により、通常の入れ歯の不安定さを解消し、快適な咀嚼を実現します。

ロケーター義歯のメリット

  1. 安定性の向上:4本のインプラントで義歯をしっかり固定
  2. 快適な装着感:通常の入れ歯と比べて違和感が少ない

なぜインプラントで固定するのか? 通常の入れ歯は、インプラントアンカーがないために安定性が低く、日常生活で落ちやすくなります。インプラントを使用することで、義歯がしっかりと固定され、安心して使用できるようになります。

厚木旭町歯科では、患者様一人一人に最適な治療法を提案し、快適な義歯生活をサポートします。ぜひ一度ご相談ください。