お役立ち情報

インプラント

顎骨内の病巣とインプラント

骨内に歯根嚢胞の様な病巣がある場合レントゲン検査や症状によって病巣を除去してからインプラントの必要があります。病巣は放置すると拡大して骨に大きな空洞を作りインプラント手術を困難にする事が多いからです。
インプラント

上顎の簡単なインプラント

骨の状態が良い場合簡単な処置で終わることが多い
インプラント

上顎前歯のインプラントの注意点

歯がダメになる原因は虫歯 歯周病 外傷等が考えられます。 当該歯牙の抜歯はおそらくグラグラした状態で放置されていよいよ痛みや腫れ 排膿等の不快症状に耐えられなくなって、抜歯になるケースが多いと思います。病巣を伴っていることが多く、抜...
インプラント

恐怖感や器具による吐き気に対しての

インプラントを行う際恐怖感や器具による吐き気に悩まされている方もいるようで、治療台に座っただけで、恐怖感で泣き出してしまう方もいらっしゃいます。その際恐怖感だけであれば簡単な方法として笑気の吸入(俗に笑気麻酔 笑気吸入鎮静)で多少ボーとし...
インプラント

臼歯部の簡単なインプラントは短時間の手術で済みます

CTで骨の厚さと下歯槽神経までの距離を測定して行っているので、短時間のインプラント手術で済みます。 通常神経までの距離はできれば4mm程度残して植えられるのが理想です。その為インプラントの直径と長さを選定して既定のドリルを行います。...
お役立ち情報

病巣を除去した後のインプラント

歯周病があって長く放置した後歯の動揺が強くなり抜歯後インプラントする場合、粘膜を剥離すると骨が溶けて病巣を作っていることがよくある。 その際インプラントを行うために骨の修復が必要になる。 使用する骨の補填材の種類 ハイ...
インプラント

臼歯部の簡単なインプラント

臼歯部で骨のしっかりしている部位のインプラントは短時間の手術で済みます。 骨の良好な基準は発幅できれば10mm以上で下歯槽神経までの距離が15mm以上の場合です。
お役立ち情報

簡単なインプラントなら1本5分程

骨の状態が良好で歯が喪失してさほど経過していない場合骨の厚みと深さが取れるので非常に簡単で短時間のインプラント処置で済みます。
お役立ち情報

下顎臼歯部のインプラントの重要点

下の顎のインプラントは歯の喪失した後時間とともに骨の吸収が生じ、インプラントの植える骨が無くなる場合が多い。その際下顎の内部下方には下歯槽神経の走行が有る。インプラントの径が4.5mm 長さ11mmが使用頻度多いので、理想的には骨の厚さ1...
お役立ち情報

下顎前歯のインプラントにアバットメント接続の重要点

下顎の骨は根尖部分が凹んでいるのでインプラントの植立方向が前方を向く事が多い。その為インプラントが骨が結合した後、歯の土台になるアバットメントの方向を後ろに傾斜して結合させる必要になる。そうしないと歯が出っ歯になる。