ソケットリフト

ブリッジや義歯を長年使用していると骨が吸収して上顎洞に近い事が多い。ソケットリフトでドリルを多少細い形状を使用し、太いインプラントをトルクをかけてねじ込む事により、インプラントと骨との接触面積が増加して維持力の増加が期待される。たたき上げた骨と歯槽提との間が近いほど骨の増殖に良い結果が有る事が想像される。

今までは5mm以上の骨に対して行われてきましたが。結構薄くてもテクニックが上手ければ対応可能です。