ミダゾラム

drug

商品目 ドルミカム(成分ミダゾラム)

5mg以内の通常使用

注射するとスーと落ちる様な効果を発揮する

資料健忘効果はジアゼパムより強い感じがする

保険で口腔外科治療適応

下記ドルミカムからの引用

【この薬の効果は?】

・この薬は、催眠鎮静剤と呼ばれるグループに属する薬です。

・この薬は、脳の興奮状態をしずめることにより、手術、処置、人工呼吸中に気

持ちや身体を鎮静させる働きがあります。

・次の目的で、医療機関で使用されます。

・麻酔前投薬

・全身麻酔の導入及び維持

・集中治療における人工呼吸中の鎮静

・歯科・口腔外科領域における手術及び処置時の鎮静

【この薬を使う前に、確認すべきことは?】
○次の人は、この薬を使用することはできません。
・過去にドルミカム注射液に含まれる成分で過敏症のあった人
・急性閉塞隅角緑内障の人
・重症筋無力症の人
・HIV プロテアーゼ阻害剤(リトナビルを含む薬剤、インジナビル、ネルフィナ
ビル、アタザナビル、ホスアンプレナビル、ダルナビルを含む薬剤)、エファ
ビレンツ、コビシスタットを含む薬剤およびオムビタスビル・パリタプレビ
ル・リトナビル配合剤を使用している人
・ショック状態の人、昏睡状態の人、急性アルコール中毒の人
○次の人は、慎重に使う必要があります。使い始める前に医師(歯科医師含む)ま
たは薬剤師に告げてください。
・著しく疾患が重症である人、呼吸能力が低下している人
・高齢の人
・肝臓に障害のある人、腎臓に障害のある人
・衰弱している人
・脳に器質的な障害のある人
・妊婦または妊娠している可能性がある人、授乳中の人
・低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児
・重い心不全などの心臓に障害のある人
・重い脱水等のある人
・過去に酒や薬物の乱用をしたことがある人
・睡眠時無呼吸症候群の人
・歯科や口腔外科でこの薬を使用する場合、呼吸器閉塞のある人、著しく肥満の
人、小顎症の人、扁桃肥大のある人、睡眠時無呼吸症候群の人
○この薬には併用してはいけない薬[HIV プロテアーゼ阻害剤(リトナビルを含む
薬剤(ノービア、カレトラ)、インジナビル(クリキシバン)、ネルフィナビル(ビ
ラセプト)、アタザナビル(レイアタッツ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、
ダルナビルを含む薬剤(プリジスタ、プレジコビックス))、エファビレンツ(ス
トックリン)、コビシスタットを含む薬剤(スタリビルド、ゲンボイヤ、プレジ
コビックス)、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル配合剤(ヴィキラッ
クス配合錠)]や、併用を注意すべき薬があります。他の薬を使用している場合
は、必ず医師または薬剤師に相談してください。
【この薬の使い方は?】
この薬は注射薬です。
使用量、使用回数、使用方法等は、あなたの症状などにあわせて、医師が決め、
医療機関において注射されます。
【この薬の使用中に気をつけなければならないことは?】
・歯科や口腔外科でこの薬を使用する場合、手術や処置の後は医師がこの薬の作
用がなくなったと判断しますが、作用が残っていると感じる場合は、自動車の
運転など危険を伴う作業は行わないでください。
・妊婦または妊娠している可能性がある人は医師に相談してください。
・授乳中の人は、授乳を避けてください。
・他の医師を受診する場合や、薬局などで他の薬を購入する場合は、必ずこの薬
を使用したことを医師または薬剤師に伝えてください。
副作用は?
特にご注意いただきたい重大な副作用と、それぞれの主な自覚症状を記載しまし
た。副作用であれば、それぞれの重大な副作用ごとに記載した主な自覚症状のう
ち、いくつかの症状が同じような時期にあらわれることが一般的です。
このような場合には、ただちに医師または薬剤師に相談してください。
重大な副作用 主な自覚症状
依存性
いぞんせい
ある薬を摂取したいと強く思いコントロールが出来な
い、手足のふるえ、発汗、幻覚、不眠
無呼吸
むこきゅう
呼吸が止まる
呼吸抑制
こきゅうよくせい
呼吸回数が減る、呼吸が浅くなる
舌根沈下
ぜっこんちんか
舌がのどの奥に落ちこんだ状態、呼吸ができない
アナフィラキシー
ショック
全身のかゆみ、じんま疹、喉のかゆみ、ふらつき、動悸、
冷汗が出る、めまい、顔面蒼白(そうはく)、手足が冷
たくなる
心停止
しんていし
気を失う
心室頻拍
しんしつひんぱく
めまい、動悸、胸の不快感、気を失う
心室性頻脈
しんしつせいひんみゃく
動悸、胸の不快感、めまい、気を失う
悪性症候群
あくせいしょうこうぐん
高熱、汗をかく、ぼーっとする、手足のふるえ、体のこ
わばり、話しづらい、よだれが出る、飲み込みにくい、
脈が速くなる、呼吸数が増える、血圧が上昇する
以上の自覚症状を、副作用のあらわれる部位別に並び替えると次のとおりです。
これらの症状に気づいたら、重大な副作用ごとの表をご覧ください。
部位 自覚症状
全身 発汗、ふらつき、冷汗が出る、高熱、汗をかく、体のこ
わばり
頭部 ある薬を摂取したいと強く思いコントロールが出来な
い、幻覚、不眠、めまい、気を失う、ぼーっとする
顔面 顔面蒼白(そうはく)
口や喉 舌がのどの奥に落ちこんだ状態、喉のかゆみ、話しづら
い、よだれが出る、飲み込みにくい
胸部 呼吸が止まる、呼吸回数が減る、呼吸が浅くなる、呼吸
ができない、動悸、胸の不快感、呼吸数が増える
手・足 手足のふるえ、手足が冷たくなる、脈が速くなる
4 –
部位 自覚症状
皮膚 全身のかゆみ、じんま疹
その他 血圧が上昇する



  • 3 –
  • 2 –

静脈内鎮静法 厚木海老名団地会館歯科 ミダゾラム(ドルミカム)

注射後血管から脳に作用を発揮して意識レベルが低下する。

静脈内鎮静法 厚木海老名歯科 団地会館歯科046-285-0651ミダゾラム(ドルミカム等)静脈から鎮静剤や麻酔剤が注射されると30秒程で薬剤が脳に到達するので意識は混濁します恐怖感に即効性