ストローマンインプラント

インプラント

表面処理は定評のSLAで歴史の有るスイスのインプラント

ボーンレベルについて

Straumann® ボーンレベル インプラント ラインは、自然な外観の高い審美性が得られるようデザインされており、すべての適応症例においてすぐれた柔軟性とバランスのとれた補綴ポートフォリオをお届けします。日々の診療において、Straumann® ボーンレベル インプラント ラインは、すぐれた臨床パフォーマンス、傑出した審美性、患者の高い満足度を保証します

ストローマンインプラントStraumann BLT インプラント

歯肉剥離すると抜歯部位が2か月経過位で肉芽の事も有り(人それぞれ)掻爬してStraumann BLT インプラント 癒着の良いインプラント

ストローマングループのインプラント(ストローマンブランド&パートナー)純粋にストローマンのインプラントとは多少違うようです。

30年以上前のインプラント形態
DSC_0145

中空と充実型の2種類が有ったが充実型に統一されて1回法と2回法だけになっています。今はBLTが主流になっています。

DSC_0146

最近使用される頻度の多い形態はBLTです。何故か4.8mm以上のインプラントが存在しないので、上顎洞挙上にワイドインプラント(径6mm)が必要な時にラインアップされていないのが残念です。それとアバットメントのバリエーションが少なくインプラントの歯冠を作成するときネックの形態とアバットの高さに不十分さを感じます。