第6章」カテゴリーアーカイブ

大人の歯のケアのポイント

 成熟した大人の歯は、コンディションさえよければむし歯にはなりにくいものです。むし歯になりやすい「歯と歯の間」に特に注意してデンタルフロスなどを使って、歯垢を取り除くようにしましょう。また、歯周病は中高年からの歯の病気と… 続きを読む »

親が子どもの歯の健康を守る時期

 乳歯が生えそろい、6歳臼歯といわれる初めての永久歯(第一大臼歯)が生えるまでの幼児期は、よい歯を育てるための環境づくりのスタートの時期です。  初めての歯が生後5~6か月で生え始め、2歳半頃までに合計20本の乳歯が生え… 続きを読む »