インプラント

インプラント

サイナスリフト

上顎洞までの距離が5mm以下の場合シュナイダーを上にあげてインプラントの入る余地を作る方法 人工物で有るβリン酸カルシウムやアパタイトの合剤を骨とシュナイダー膜の間に入れてなじむのを待ちます。3か月程様子を見て上顎洞に異常の無い事確...
インプラント

ソケットリフト

ブリッジや義歯を長年使用していると骨が吸収して上顎洞に近い事が多い。ソケットリフトでドリルを多少細い形状を使用し、太いインプラントをトルクをかけてねじ込む事により、インプラントと骨との接触面積が増加して維持力の増加が期待される。たたき上げ...
インプラント

ストローマンインプラント

表面処理は定評のSLAで歴史の有るスイスのインプラント ボーンレベルについて Straumann® ボーンレベル インプラント ラインは、自然な外観の高い審美性が得られるようデザインされており、すべての適応症例にお...
インプラント

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケアのノーベルリプレイス・テーパードおよびリプレイスセレクト・テーパード・インプラントは、天然歯根の形状を再現しています。即時負荷を含むすべてのプロトコルで高い初期固定が得られるようにデザインされています。操作性...
インプラント

バイオホライズンインプラントについて

バイオホライズンインプラントの使用した感じの特徴 レーザーロック処理されていて癒着が良い。先端が細いルート型で前歯部の細い部位に食い込みが良いアバットの緩みが起き難い癒着後骨の吸収が起き難い 以下バイオホライズ...
インプラント

オステムインプラントについて

オステムインプラントの特徴 表面処理はSLAでストローマンとほぼ同じ後発で良く改善されているつまり色々なメーカーの良い所を集めた様な規格になっている形態もノーベルやストローマンとほぼ同じアバットの形態がバリエーション豊富で補綴がし易...