歯が浮いた感じがする・グラグラする

投稿者: | 2010年5月11日

 歯肉に隠れた歯の部分は骨と直接くっついているのではなく、歯根膜という膜におおわれています。歯根膜は歯と歯の骨の間にあるクッションのようなもの。歯が浮いた感じがするとかグラつくといった症状は、この歯根膜の毛細血管が腫れて炎症を起こしている状態です。歯根膜はごく薄い繊維質で、周りは歯の骨で囲まれているので、腫れるとふくれあがるスペースもなく、歯を持ち上げた状態に。それで歯が浮いた感じがするのです。
 原因としては、固いものを継続的にかむことや、疲れやストレスから歯根膜の血行が悪くなることがあげられます。疲れからくるものは、筋肉の血行が悪くなって肩がこるのと同じようなものですから、しっかり休養をとれば治癒します。なかには、むし歯や歯肉炎、歯周病で歯がグラつくこともありますから、症状がおさまらない場合は歯科を受診してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です