歯がしみる(知覚過敏)

投稿者: | 2010年5月11日

 歯周病が進行すると歯肉が後退して、歯の根のところが露出してきます。歯のエナメル質は、歯肉に近づくほど薄くなっているので、歯と歯ぐきの境目を歯ブラシでゴシゴシ磨いていると、エナメル質がすり減って象矛質がむきだしになってしまいます。象牙質はエナメル質と違ってやわらかく、歯ブラシの力だけでもすり減ってしまうのです。
 象牙質には神経が通っているので、こうなると、熱い物や冷たい物の刺激でしみることがあります。くさび状にすり減ることから、これを「くさび状欠損」と呼んでいます。
 歯肉が下がるとしみるので歯磨きがおっくうになりますが、歯垢がたまると歯周ポケットができてさらに症状は悪化してしまうので、ふだん通りにきちんと磨きましょう。症状が強いときは、歯科で薬を塗ってもらうことで症状が緩和されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です