歯の健康を保つためにできること

投稿者: | 2010年5月7日

歯の健康を保つためにできること
むし歯や歯周病を予防するには、正しい歯磨きで原因となる細菌の数を減らすことが大前提ですが、それ以外にできるむし歯対策、口の中の健康を保つポイントをご紹介しましょう。
★歯並びを直す
 よくかむためには、よい歯並びであることが大事です。歯並びが悪いというのは、上下の歯がふれ合わずに浮いた状態。きちんとかんでいるつもりでも、一部の歯しか食べ物に当たっていないので、しっかりかむことができません。また、ちゃんと歯磨きをしているつもりでも磨き残しができてしまうので、むし歯や歯周病の原因にもなります。歯並びはよくかまない習慣から悪化するわけではなく、歯のサイズとアゴのサイズが合っていないため、歯が悪い位置に生えることで悪くなります。歯の健康のためには早い時期に歯科矯正を行うことをすすめます(第4章参照)。
★甘いものをとりすぎない
 むし歯菌は砂糖が大好き。自分の体に蓄えたり、砂糖からのり状のグルカンという物質をつくって、歯にへばりついて歯垢となり、歯の表面に住み着きます。そして乳酸などの酸に変わり、その酸を出し続けます。寝ている間にもつくり出されるこの酸が歯を溶かし始めるのが、むし歯のはじまりです。甘いものが一定時間以上目の中に入った状態では、その間ずっと酸が歯を溶かしているようなもの。毎食後はもちろん、間食(おやつ)のあとも歯を磨きましょう。
★食間をあける、よくかむ
 食べ物が口の中に入ると、口の中は中性から酸性に傾きます。そしてPH(ペーハー)が5以下になると、歯の一番外側の部分のエナメル質を溶かし始めるのです。これをくい止めるのが、酸性に傾いた口の中を中性に戻す唾液の力。唾液に含まれるカルシウムやリンが、溶け出した歯の部分に取り込まれ、エナメル質を再石灰化させます。間食が多く、食べ物がいつも口の中にある状態では、口の中はいつも酸性に傾き、再石灰化をするひまがないわけです。食間をあけ、暗涙の分泌をよくするためには、よくかむことも大切です。
★キシリトール入りガムをかむ
 白樺や樫の木などに含まれる天然の甘味成分「キシラン・ヘミセルロース」に水素を加えて化学反応を起こさせた「糖アルコール」がキシリトールです。むし歯菌は甘いものが大好きなのに、なぜキシリトールはなぜむし歯予防によいのでしょうか。それはキシリトールが、むし歯菌が分解できない構造をしているため。キシリトールが唾液と混ざって広がると、口の中はむし歯菌が分解できないもので満たされることになります。ですから、キシリトール入りのガムをかんで出た唾液は、しばらく口中に行き渡らせるようにするのがコツです。
★フッ素入りの歯磨き粉はおすすめ
 歯の表面をおおうエナメル質は、酸に溶けやすい成分でできているので、むし歯菌が出す酸ですぐに溶け始めます。フッ素入り歯みがき粉を使うと、エナメル質にフッ素がつくので、歯が酸に溶かされにくくなります。フッ素入り歯みがき粉を使ってもむし歯菌を減らすことはできませんが、歯の質が強化され、むし歯に強い歯をつくることは可能です。欧米では、水道水にフッ素を加えてむし歯を減らすことに成功しています。
[歯の名称]
上の真ん中の歯から奥へ向かって
中切歯
側切歯
犬歯
第1小臼歯
第2小臼歯
第1大臼歯
第2大臼歯
第3大臼歯
下の奥から手前へ向かって
第3大臼歯
第2大臼歯
第1大臼歯
第2小臼歯
第1小臼歯
犬歯
側切歯
中切歯
歯は上下の第3大臼歯(親知らず)4本を入れると全部で32本あります。本書のなかで「前歯」と呼んでいるのは、上下2本すつの中切歯、側切歯、犬歯計12本を指します。永久歯でいちばん最初に生えるのが第1大臼歯(6歳臼歯)です。乳歯の生える順番については、第6章を参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です