歯周病は骨の病気

投稿者: | 2010年5月12日

 歯の表面にくっついた汚れ(歯垢)をそのままにすることで、歯の周りを包み込んでいる歯肉に炎症が起きるのが歯肉炎。それを放置しておくと、炎症が進んで歯槽骨(歯を支えている骨)が少しずつ破壊され、歯がグラグラになって、やがて抜けてしまいます。これが歯周病です。発端は歯肉炎ですが、歯肉の炎症がひどくなったものをさすのではなく、歯周病は骨を溶かしてしまう、こわい骨の病気なのです。
 原因となるのはむし歯と同じ細菌ですが、単独の細菌ではなく、いくつかの細菌がむすびついたもので、これを歯周病菌と総称しています。細菌同士はお互いに影響しあって力を強め、ある密度を超えると有害たんぱく質や酵素をつくります。薬剤も効果はなく、症状は気づかないうちにじわじわと進みます。そして、血が出る、歯がグラグラするといった白覚症状がでたときには、かなり病気が進んでいて、もう元どおりにすることができない病気だということをまず知っておきましょう。
◆かかってしまうと歯を失うけれど予防は可能
とはいえ、歯周病は、だれもがかかる病気ではありません。歯にへばりついた歯垢が歯石にならないうちにブラッシングで取り除けばよいのです(第1章参照)。
 歯肉に炎症が起きると、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間のすきま)ができて、ここが歯周病菌の格好のすみかになり、歯肉の炎症で生じた血液を栄養にしてさらに育ちます。歯周病は、取り除けない歯石は歯科で取ってもらって歯肉炎を直すこと、喫煙やストレスなど、歯周病のリスクを避けることで予防が可能な病気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です