インプラントQ&A

投稿者: | 2010年5月14日

Q.手術中や手術後の痛みが心配です。
A.手術は部分麻酔で行います。痛みは感じませんが、感触や機械音が怖いという人には、静脈注射で精神安定剤と鎮痛剤を使います。これを使うとほぼ手術中の記憶を残さないまま終了します。
Q.歯の色はどのように決めるのですか?
A.残っている歯の色に合わせたり、好みの色を選ぶことができます。
Q.インプラントを入れたとき冷たい・温かいなどの感覚はどこで感じるの?
A.インプラントはなくなった歯(神経も失った歯)に対して行うので、感覚はありません。しかし、歯はもともと熱伝導率が低く、インプラントでなくても歯の感覚はそれほど敏感なものではありません。
Q.インプラントはいくらくらいかかるのですか?
A.保険診療ではありませんから、1本20万~60万円ほどと、診療所によってかなりばらつきがあります。私のクリニックでは総額1本15~23万円となっています。金額の幅は歯冠部分の材質(金属、プラスチック、セラミック)によります。
Q.よいインプラント治療を受けられる病院って?
A.インプラント治療は、骨に金属を埋め込むのですから、感染しないような外科的処置技術が求められます。また、骨と埋め込んだ金属はくっついていて、自然の歯にある歯根膜に当たるものがなく、ゆとりの部分がないので、埋め込む位置と方向を決めるための高い精度が求められます。粗末な治療では完璧な人工歯も台無しになってしまいます。
Q.深さ1.5㎝くらいの穴を開けるということですが、アゴの神経に触れてしまうことはないのですか?
A.アゴの神経を傷つけないようにアゴに穴を開ける行程は、今までは長年の経験がものをいう微妙な手術でしたが、最近開発され、当院でも使い始めた「IGIシステム」では、手術を行うハンドピースに発光ダイオードをつけ、赤外線カメラでドリルバーの位置を把握できるので、口の状態を正確に映し出した3D画面を見ながら、手術を行えるようになりました。
 このシステムは、イスラエルの軍事技術であるミサイル追撃システムの応用といわれており、これによって骨の位置を確認するため歯肉を切開してから穴を開ける必要もなくなる場合もあります。
 手術の正確さはもとより、時間の短縮、予後の状態が改善されると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です