歯ぐきが腫れたときは歯槽膿瘍の状態になっているかも

投稿者: | 2010年5月12日

 正常な歯ぐきはぴったりと歯に貼りついてすんなりとして見えます。歯肉炎で歯ぐきが腫れると、歯肉がふくらんできます。歯石を除去してケアを続けると、歯の根元が見えてきて、歯が長くなったような感じがしますが、これは歯ぐきがひきしまってきた証拠です。
 歯ぐきの奥深いところに歯周病菌がたまっていて、歯ぐきが腫れることもあります。歯周病菌が出す毒素によって歯肉にうみがたまった状態を「歯槽膿瘍」といいます。
 歯槽膿瘍は歯同病でも見られる症状ですが、むし歯を放置したり、神経の処置がうまくいっていないときにも起こります。歯槽骨内の病気で、歯肉を切開して膿を出してしまえば落ち着きます(治っているわけではありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です