歯の喪失と顔貌の変化 機能の悪化(インプラントの役割)

投稿者: | 2010年11月8日

歯の喪失と顔貌の変化 機能の悪化

前歯が無くなるとどなたでも当然外見を気にするでしょう。

機能は食べ物を噛み千切る事に不便を感じるはず。

インプラントは早期にその部位に埋入すると、その場所の骨の厚み深さが維持されている事が多い。

時間の経過で骨が吸収を起こし、薄くて深さの取れない骨に変化します。

奥歯は無くなると噛み砕く事に不便を感じる事が多い。

インプラントで左右のバランスを取る事で噛み砕く機能回復する。

片方だけで噛んでた方は顎関節症を起して関節痛を感じている症例を多く経験します。

奥歯が無くなると前歯に負担が過多となり、歯が前方に突出してサル顔の様な顔貌になっている事にきずきます。

歯が無くなり時間の経過で(老人に多い)上下の骨の吸収が強度に出ると顔が潰れた顔貌になる。

そのつど喪失した歯をインプラントで修復する事により元の状態を保ち、機能の悪化を防ぐ事が容易です。

インプラントの機能

歯科厚木 歯科海老名 歯科秦野 歯科町田 歯科伊勢原 歯科相模原 歯科橋本
歯科小田原