歯が原因で出来るのう胞

投稿者: | 2010年10月28日

歯が原因で出来るのう胞

歯の治療後大体の場合は数年を経過して、歯の先端部分に膿を持って袋状の病巣が

出来る事が有ります。症状は腫れて痛みが出るようになって初めて自覚します。

レントゲンでほぼ球状の骨欠損として確認できます。

のう胞CT1.jpgのう胞のCT像

大きくなって悪影響が有る場合摘出する必要があります。

親知らずを抜歯後なんらかの原因で出来たかと考えられたのう胞

まれにこの場所はアメロブラストーマも有りうる

摘出の動画

インプラント