歯科治療による金属と掌蹠膿疱症の関係

投稿者: | 2010年10月6日

歯科の治療を行うと金属をかぶせる事が多いと思います
。すると思わぬ所に湿疹や嚢胞を生じまさか口の中の金属と思わない人が多いのです。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と言う病気でなかなか治りにくいです。以前金属を口の中から全て撤去したら、綺麗に消えたケースがありました。しかし金属の撤去や歯の病気で全て抜歯て言うわけにも行かず、困る場合も多々あるのです。
この例では高濃度ビタミンc点滴とαリポ酸点滴でほぼ消失しました

可処分所得の減少と貯蓄率の悪化

可処分所得の減少と貯蓄率の悪化

OECD28各国の家計貯蓄率の高い順
10年前から可処分所得が減少で貯蓄率は下から5番目で低い
国際的にも珍しい国 日本が貯蓄率の高い国というのは過去の事実になった
日本の下に並んでいるのは財政破綻のポルトガルやギリシャが並んでいる
日本の財政破綻も近い?馬鹿な為替介入で30兆(私たちの税金)使って資産目減り、スイスの失敗の二の舞?

為替介入しても今日は83円
フランス
スエーデン
スイス
ベルギー
ドイツ
オーストラリア
スロベニア
メキシコ
チリ
ノルウエー
イタリア
オランダ
スペイン
アメリカ
オーストラリア
チェコ
カナダ
アイルランド
フィンランド
ポーランド
韓国
ハンガリー
イギリス
日本
ポルトガル
スロバキア
デンマーク
ギリシャ

団地会館歯科

インプラントをする場合その場所に骨がなければならない、インプラント体は少なくとも3.7mm径程あるので厚みが少ない場合

専用の骨の拡大器具でインプラントに必要な厚みまで少しずつ広げながら拡大を行なう、インプラントに必要な

深さが取れない場合、他から骨を採取して移植、もしくは骨補填剤(セラタイト等)を利用してインプラントに必要な骨の確保を行なう

インプラントと骨の厚み深さについて