歯周病は口の中全体の病気です全身への影響も

投稿者: | 2010年9月24日

歯周病は口の中全体の病気です、慢性的な病気で細菌の感染によって起きてる病気なので

感染病巣から細菌が全身に流れ,色々な合併症を起こすといわれたいます。

下は歯周病で残せなくなった歯を抜歯して、治療可能な歯を残し最終的にインプラントで元に

戻した方ですが、レントゲンの様に歯は歯周病を放置することによって、腫れ痛み 排膿がひどくかなり無くなります。

早めに治療すると残せる本数が増えるので、早期治療が原則です。歯周病は痛み無く進行します。

最後に症状が出た時には抜歯の可能性が高まっています。

団地会館歯科