総入れ歯から自分の歯の感覚 インプラント症例

投稿者: | 2010年8月31日

総入れ歯からインプラントで元に戻すと、大きな違いは大きなプラスチックの板を口の中に入れ、

粘膜で圧力を受けて噛んでいたので、自然の歯と同様に最小部分で噛む力を受ける事となる。その為

プラスチックが喉の奥に行かない、歯茎の周囲を刺激しないといった煩わしさから解放される。噛む力は

当然自然の歯と同様になる事。

患者さんの感じたインプラントの利点の動画

団地会館歯科