単純ヘルペス 帯状疱疹のヘルペス

投稿者: | 2010年8月16日

単純ヘルペスは赤唇(赤い部分)と皮膚の境目に最初 水泡が出来て、後にカサブタになって

治っていくウイルスによる病気。日本人のかなりの確率で子供の頃感染しており、体調が崩れたときに

神経組織に沿った部位に出現する。比較的良く見る病気で感染力は強いので、出た時は他人に対しての注意

が必要。治療は抗ウイルス薬のゾビラックスを使用する。

口の中と口周囲に帯状疱疹が出ることがある

口の中と口周囲に帯状疱疹が出ることがある。水疱瘡のウイルスは三叉神経領域に水泡を伴う炎症を生じ、食事に支障が出たり、皮膚に出るとむずがゆいかったりする。ゾビラックス バルトレックスの内服で消失する

団地会館歯科