20数年前のインプラント

投稿者: | 2010年7月27日

20数年前縁があって、東京駅のブリジストンビルの前の、京橋千疋屋ビルの所で開業されてた乙部朱門先生(日本インプラント臨床研究会)の所へ結構長く、診療を拝見させていただいた経験があります。その頃はインプラントはあまり一般的でも無く、色々な所から患者が来てた様でした。この会の小嶋先生 佐藤先生夫妻 塩路先生に紹介されたのを記憶してます。この先生はブレードインプラント一筋でした。本人もブレードインプラントを小嶋先生に埋入しれもらったとかと言ってましたけ。車はこっていて、ロータススーパーセブンの前の所にブレードインプラントを(ベンツマークの様な)突き立てて走っていました。海老名の木村先生と一緒にレースをしてた様な事を聞きました。何処で作ったのか、カバンや色々な物に乙部マークの札の様なシールを貼ってたのが記憶に残っています。もう亡くなられましが、リンコーブレードの発案者と交流が有って行った時、蒔き割りをした様なエピソードをお聞きしました。先生はアメリカに行った時にブレードインプラントを買って来て、引き出しに沢山保有してたので、分けていただいて使用させていただきました。今はブレードは廃れて私も行う事は無いですが。

ですがその時のインプラントは今も健在です

団地会館歯科