不正咬合について

投稿者: | 2010年6月1日

不正咬合(上下のアゴの歯並びがお互いに正しく噛み合わない状態)の種類

・叢生(そうせい)症例、八重歯、らんぐい歯
・出っ歯(上顎前突)
・受け口(反対咬合)

不正咬合の影響

・食べ物がよく噛めない
・頭痛・肩こりの原因となる
・歯槽膿漏になりやすい
・容姿のコンプレックスの原因となる
・発音が不明瞭になる
・むし歯になりやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です