静脈内鎮静法 神奈川厚木海老名 親知らず抜歯 恐怖感吐き気等に応用可

投稿者: | 2010年7月17日

歯科治療には恐怖感が誰で有るかもしれませんが、インプラントの際等に静脈内鎮静法はよく行われます。

人によって薬に対しての反応もまちまちで、全く眠ってしまう人から多少ボーットした人と様々です。

何れにせよ点滴からそれなりの薬剤を注射するので、歯科治療中鎮静状態になります。

歯科インプラントの本数ですが、外人の様なガッチリした体格の人なら

歯科インプラント4本で行うオールオン4(失敗例をよく聞く)でも何とかなるだろうけど、日本人で歯が無くなると

骨を拡大しながらインプラントを埋入しなければならず、3mmや1mm幅の骨ではやはり本数を増やして

圧力を分散しないと不安が残ります。

歯科インプラントは手術です具体的に沢山の症例動画を確認した方が受ける患者さんにとって、有益であると思います。

単に外人の歯科医の写真で権威付けたり、文章による説明より百聞は一見にしかずと思います。

(その診療所が一体何をしているか、具体的な事が判らないとより不安では)

歯科インプラントが簡単で無い事も認識して、咬む事に価値観を感じたら診療を受けたらよいのでは。

日本人の骨格は、欧米人より細くかなり繊細で、難しい事が多々有るかと思います。

 

静脈内鎮静法でインプラント

親知らず抜歯 歯科治療に恐怖感や吐き気等に応用可

静脈内鎮静法 神奈川厚木本厚木海老名

歯医者 静脈内鎮静法
静脈内鎮静法 親知らず

 

団地会館歯科