歯科で使われている局所麻酔薬をご存知ですか

投稿者: | 2010年6月25日

一般に1.8mlのカートリッジに入った2%リドカインの局所麻酔剤を通常インプラントや抜歯、あるいは歯の治療に使用します。

ちなみに医科用は1%が多いようで、歯科は骨から浸透させ歯の内部に作用させないと意味が無いので2%を使用しています。

リドカインの他に8万分の1のアドレナリン(エピネフリン)と、以前はメチルパラベン(最近は防腐剤としての混入ない物が多い)が入っていました。

リドカインは血管を拡張させる為、アドレナリンが添加され、血管を収縮させて局所に麻酔薬を長く留めて作用を持続させる働きをします。

血管を収縮させるアドレナリンは、交感神経(α、β)を刺激する薬理作用を持っています。α作用は末梢血管を収縮させ血圧を上昇させます。β作用は心拍数を上げます。1本の麻酔薬ではさほど体に影響ないですが、その事により血圧のあまり高い方には要注意です。

リドカインは大分以前使用されていたプロカインの様なアナフィラキシー(重度なアレルギー)は殆ど無いのですが、メチルパラベンが入っていた頃にはアレルギー幾分多く起きた様です。

インプラントをする場合その場所に骨が無くては当然出来ないので、骨が薄い骨量が足りない場合インプラントに必要な骨を

何処から取って移植あるいは吸収性の人口膜と骨補填剤を使ってインプラントが固定するように、GBRと呼ばれる方法を取る事が有ります。


 歯科新宿 歯科 南新宿 歯科参宮橋 歯科代々木八幡 歯科綾瀬
歯科代々木上原 歯科 東北沢 歯科下北沢歯科 世田谷代田
歯科梅ヶ丘歯科 豪徳寺 歯科経堂 歯科千歳船橋  
歯科祖師ヶ谷大蔵 歯科成城学園前 歯科喜多見 歯科狛江
歯科和泉多摩川 歯科登戸歯科 向ヶ丘遊園 歯科生田
歯科読売ランド前 歯科百合ヶ丘歯科新百合ヶ丘歯科唐木田
歯科柿生歯科鶴川歯科玉川学園前歯科町田歯科相模大野
歯科片瀬江ノ島 歯科小田急相模原  歯科相武台 歯科座間  
歯科海老名歯科厚木歯科本厚木歯科 愛甲石田
歯科伊勢原歯科鶴巻温泉 歯科東海大学歯科秦野 歯科渋沢
歯科新松田 歯科開成  歯科栢山 歯科 富水歯科 螢田  
歯科足柄歯科 小田原歯科箱根湯本