上顎洞に落ちていたインプラント(迷入)の撤去ファイバースコープ 内視鏡使用 鉗子付き

投稿者: | 2019年6月15日

 

 

10年位あったのでしょうか? 内視鏡の直径5mm程の穴を開けてファイバースコープ挿入横になっているインプラントを垂直につかめつように位置を変えないと開口部から出ない。5mmの穴から撤去するには、細く通過する方向に掴み直す必要がある。ファイバースコープで無いと大きな穴を犬歯窩辺りに開ける必要がある。
上顎洞粘膜は綺麗で異常が認められない。
インプラント 上顎洞 貫通して咬合圧に耐えられない場合に上顎洞内に落ちる事が考えられる。細い長いインプラントは危険が有り。太く短いインプラントを使用する必要がある。上顎洞に迷入した歯牙も同じで特に6 7番辺りの歯の口蓋根はヘーベルで圧力をかけると上顎洞に迷入する事が有る。
アドナ トランサミンの注射(鼻出血の止血)
近隣に歯科医の方必要有れば連絡ください。
通常ファイバースコープ無しで取ろうとすると大きな開口が必要で入院の可能性が有るかもしれません。

上顎洞内歯牙迷入 手術も同様

インプラント 上顎洞 貫通の為

上顎洞内 異物の摘出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください