おわりに

投稿者: | 2010年5月14日

 歯科治療は、より機能的なもの、美的なもの、あるいは痛みを軽減する治療を求めて、日々進化をしています。以前なら、入れ歯をつくるしか方法がなかった患者さんが、インプラント治療を受けることで、自分の歯と変わらない機能を取り戻すことができるようになりました。また、セラミックのかぶせの項で述べた赤外線カメラは、開発までに20年近くかかったようですが、カメラを口の中に入れると、1度の撮影で歯の高さや横のサイズ、傾斜角度などをすべて計算できるものです。
 受けられる治療の選択肢が広がったのはよいことですが、すべてが保険診療の範囲内で受けられるものではありません。場合によっては、かなり金額がかさむものもあります。どんな治療にどんなメリット、デメリットがあるのかといった圧縮な情報を知ることがとても大切です。
 診療所を選ぶときには、一般歯科、小児歯科と掲げていれば保険治療が中心の歯科診療所、インターネットのホームページで、矯医歯科、インプラント、審美歯科と掲げていれば保険外診療を行う歯科だと考えてよいでしょう。
 腰が痛い場合なら、整形外科に行き、患部を温めて牽引してもらったり、整骨院やカイロプラクティック、マッサージに行くといった選択肢があると思います。慢性病では、治っているのかいないのかが何となくはっきりとしないこともありますが、歯の場合は、一目瞭然です。眼科でいう近眼の手術や、シミやシワをとる美容外科に近い感覚でしょうか。患者さんがどんな治療を受けたいかによって歯科を使い分けなければいけない時代がきているのだと思います。
 また、治療法もさることながら、本来はむし歯や歯周病をつくらないことが大前提です。毎日きちんとブラッシングしているのにむし歯になる人は大勢いますが、それはブラッシング法に問題があるからにほかなりません。これには私自身がずっと行ってきた「ローリング法」を実践していただき、いままでのブラッシング法と比べていただければと思います。
 インプラントの項で述べたIGIシステムは、まだ全国に約10白しか導入されていませんが、コンピューターの画面で手術の動きを追いかけられるようになりました。歯科大学ではこのような技術については勉強しませんから、歯科医になってから必要を感じ、ある程度安定して患者さんがきている診療所でなければ導入は無理でしょう。技術の面から言っても、多くの手術の経験がないと使いこなすことは難しいと思います。私の場合も、20年以上手術を行ってきたから最新システムを入れてみようということなのです。
 また、本書では、現在の医療制度についても簡単ですが触れてあります。これは、我々歯科診療に携わる者だけでなく、患者さんの利益にもかかわってくることです。医療制度については疑問に思わざるを得ないことも多々あります。その一端でもみなさんに知っていただくことは、よりよい歯科治療を受けていただくために無駄なことではないと思っております。
 歯の悩みを抱える皆さんが、健康な歯で毎日を快適に送られるよう、本書が少しでもお役に立てればこれほどうれしいことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です