インプラント治療

投稿者: | 2010年5月3日

ブリッジや入れ歯に不満のある方、なくなってしまった歯を取り戻したい方には、先端医療のインプラントをお勧めいたします。インプラントとは、顎骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯をその上に被せる治療法です。天然の歯のような感覚から『第二の歯』とも言われています。
インプラントは感覚としては自分の歯で噛むのと同様であることから食事を美味しく楽しむことができ、骨に埋め込むことから異物感がありません。さらに、入れ歯が原因で生じる発音障害の心配もなくなりますので、会話もさらに楽しくなります。
インプラントは、今までの歯科治療と比較して最も天然歯に近い構造で作られています。
インプラント治療は、金属製の人工歯根を歯肉の内部にある顎の骨に埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療方法です。
Tapered Screw-Vent MP-1 (HA)(テーパードタイプ)、ノーベルバイオケア社製(スエーデン)のリプレイスセレクトインプラントという現在世界トップブランドのものを使用しています。
チタンは生体との親和性が極めて高く、アレルギー反応を起こしません。
また、インプラント治療に対して恐怖心のある方には、静脈沈静を行って、ストレスなく最新の歯科治療を受けていただいております。インプラントの治療をされる方には無料にて、静脈沈静を行います。
当院はインプラントを導入して 20年経ちました。
変動はあるものの、年間で500前後、月平均50~60本のインプラント治療を行っております。
インプラント治療例に実際の症例数も数多くございますので御覧下さい。
尚、インプラント治療を行う際には、Tapered Screw-Vent MP-1 (HA)(テーパードタイプ)を使用することで、定評のあるハイドロキシアパダイドのコーディングにより従来のインプラント体により骨との結合力はより増した安定性のある治療を行えます。