「歯育」も親の役目です

投稿者: | 2010年5月14日

 日本人ひとり当たりの永久歯のむし歯の本数は、15.67本。むし歯が原因で抜いた永久歯の本数は5.91本です。永久歯の数は親知らずを除くと28本ですから、歯の半分はむし歯で、2割の歯をむし歯で失っているという結果になります(厚生労働省平成11年歯科疾患実態調査より)。
 これを世界的にみてみると……。「世界の12歳児むし歯罹患状況(DMFT)99年」によれば、日本の子どもは2.44本。 12歳でむし歯を3本以下にというWHOが設定した目標は達成していますが、先進諸国の多くが80年代までにこの目標を達成していることを考えれば、日本は歯の健康に関して相当立ち遅れているといってもいいでしょう。
 歯科診療にお金がかかるのが当たり前の国々では、歯の健康についての意識が高いのも当たり前かもしれません。保険診療の限界という問題もありますし、歯科医療は進歩しているのに、それを生かせない歯科医側の問題もあるでしょう。
 歯を支える歯槽骨は健康な人なら100歳を過ぎてももつといわれています。残念ながら、歯のケアでは治らない歯並びは矯正しなければいけませんが、むし歯や歯周病は正しいケアで予防できるものです。この状況を次世代まで受け継がせないためにも、「食育」ならぬ「歯育」をお母さんやお父さんにはぜひ考えていただきたいと思います。