お父さん、お母さんになったらむし歯の治療はよりしっかりと

投稿者: | 2010年5月14日

 むし歯菌は、赤ちゃんにキスをしたり、口移しでものを食べさせることで、世話をするお母さんやお父さんから赤ちゃんに感染してしまいます。つまりお母さんやお父さんの口の中からむし歯菌を少なくすれば、感染予防になるわけです。
 特にうつりやすいのは、1歳半頃~3歳頃だということがわかっています。この時期、とくにお母さん、お父さんは口移しで食べ物を与えるのはなるべくやめるようにすること、もしむし歯があれば治療をして、きちんとしたブラッシングをしてあげることを心がけましょう。