大人の歯のケアのポイント

投稿者: | 2010年5月14日

 成熟した大人の歯は、コンディションさえよければむし歯にはなりにくいものです。むし歯になりやすい「歯と歯の間」に特に注意してデンタルフロスなどを使って、歯垢を取り除くようにしましょう。また、歯周病は中高年からの歯の病気とは限りません。歯ぐきが腫れたり、痛んだり、歯がグラつくといった自覚症状がでたときには、症状がすすんでいることが多いので、日頃のケアがとても大切です。
◆二十代から四十代の歯のケア
 成熟した大人の歯は、むし歯にはなりにくいといいましたが、章末のコラムで紹介する厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、20代で10本以上となったむし歯はその後も増え続け、40代には16本となっています。
 大人になってからむし歯になる原因でいちばん多いのは、治療済みの歯からの再発です。むし歯を治療してプラスチックや金属のつめものをすると、そのわきからむし歯が少しずつ進んで、歯の奥へと入っていくからです。
 歯周病のリスクとなる年齢にはまだ早いと思われがちですが、慢性の歯周病は年齢とともにゆっくりと症状がすすむので、20~40代はすでに進行中ということも考えられます。腫れや痛みなどの自覚症状がなくても歯周病が進行している場合もありますから、定期的に検診を受け、歯石をとってもらうようにしましょう。
◆妊娠中の女性の歯のケア
 妊娠中に多く分泌される女性ホルモン、エストロゲンを好む細菌がいるので、妊娠中は歯肉炎が起きやすくなります(妊娠性歯肉炎)。歯に負担のかかる出産や忙しい育児に備えて、安定期には歯肉や歯の治療をしておきましょう(妊娠中であることを必ず医師に告げてください)。
 ところで、妊娠5~9週には赤ちゃんのアゴの骨の中には乳歯のもとになるものが、妊娠16週には大人の歯である第一大臼歯ができ始めます。妊娠中は、お腹の赤ちゃんの歯が丈夫に育つように、ビタミンAやD、カルシウムをいっぱいとりましょう。
◆中高年の歯のケアのポイント
 親知らずを除いて上下4本ずつ歯を失って、計20本なら自分の力でものをかむことができるという考えから始められたのが「8020運動」(80歳になっても20本以上自分の歯を残そうという運動)。開始から15年ほどたった平成17年の厚生労働省「歯科疾患実態調査」から年齢別・歯が20本以上ある人の割合をまとめたものが左のグラフです。
 これを見ると、40代までは9割の人が20本以上の歯をもっていたのが、65代では5割近くにまで減っています。
 そして、80代では、全体の約2割にまで減ってしまいます。
 では、80歳になるまでに20本の歯を残せる人とそうでない人の差は、どこからでるのでしょうか。これは、何度も申し上げているように、正しいブラッシングでむし歯や歯周病から歯を守ことが大前提ですが、日頃の食習慣、たとえば、カルシウムの多い食事をとる、食事はよくかむなど、当たり前のことのようですが、小さな積み重ねが大きな差となってでるのではないかと思います。
◆老年期の歯のケアのポイント
 前ページの表を別の見方をすると、85歳以上の人が失う歯の数の平均は、なんと約25本ということになります。
 自分の歯が少なくなるということと同様に問題になるのが、かむ力・咀嚼能力の低下です。厚生労働省が咀嚼能力と老化との関係を調べたところ、咀嚼能力の高い人ほど運動能力、視力、聴力がすぐれていることがわかりました。
 さらに咀嚼能力が高いと社会性も高く、周りの人と関わって生活しているという結果も出ています。
 「しっかりかめれば元気に過ごせる」というのは真実なのに、日本では歯の健康についてあまり重要視されていません。
 特別養護老人ホームや在宅で寝たきりになっているお年寄りの歯をきれいにすると、健康になるという効果がでていますが、高齢化のスピードが急激にすすんだため、介護が必要となった高齢者への口腔のケアについては、まだ追いついていないというのが現状です。
★入れ歯を使いたがらない人が多い
 入れ歯はあるのに、入れ歯を使いたがらないお年寄りが多いのは、その入れ歯が合わないからです。総入れ歯の項で述べましたが、歯槽骨は年齢とともに減るので、年をとればとるほど短期間で入れ歯が合わなくなってしまいます。
 入れ歯の使い心地には限界はありますが、使い続けなければいけない場合は、やはりはずして過ごしてはいけません。寝るとき以外はつけて、なるべくかむようにしましょう。
★入れ歯を使うとカンジダ菌が増える
 年をとって免疫力が落ちると、待ってましたとばかりに住み着くのがカビの仲間のカンジダ菌です。入れ歯について繁殖するとヌルヌルして、入れ歯清浄剤だけでは取れません。入れ歯用歯ブラシできれいにすることが必要です。
 高齢者は飲み込む力が弱くなって、嚥下性肺炎を起こしやすくなりますが、口の中に細菌がはびこっていては、感染症のリスクも高くなります。老人施設はもちろん、在宅でも入れ歯をきれいに磨くことが大事です。
 必要な介助を受けながら、できるだけ自分できれいにすることがリハビリの役割も果たします。
★やわらかいものを食べたがる
 咀嚼能力が落ち、おまけに入れ歯が合わずにかむことができなくなると、やわらかいものしか受け付けなるのも当然です。
 入院中の認知症患者と老人ホームに入所している健康な高齢者で、残っている歯の数と脳の萎縮程度、入れ歯の使用状況を調べた調査によると、残っている歯の平均数は、健康な高齢者が約9本、脳血管性認知症で約6本、アルツハイマー型認知症で約3本という結果がでたそうです。アルツハイマー型認知症の高齢者がより多くの歯を失っていることがわかりました。
 また、アルツハイマー病の高齢者では、残っている歯の数が少ないほど脳の萎縮が進んでいること、残っている歯の数が多いほどアルツハイマー病の発症のリスクは少ないこともわかりました。
 さらに、健康な高齢者できちんと入れ歯を使っている人は、認知症の高齢者の2倍。残っている歯の数が少ないことが認知症の原因となったかどうかまでははっきりとはわかりませんが、咀嚼力の低下と認知症になることがまったく無関係ではないことは想像がつきます。
 そのほか咀嚼が脳の血流をよくすることや、全身運動能力を高めることも別の調査結果でわかっています。咀嚼能力を低下させないために1本でも多く歯を残すこと、合う入れ歯を使うことが大切なのです。
 自立歩行のために足腰を鍛えることと同じくらいに、認知症にならないためにはかむ力をもち続けることが重要です。
 「かめないからやわらかいものを食べる」のではなく、「やわらかいものを食べるとかめなくなるから、固いものも食べる」という努力が大事です。
 調理をになう人には大変なことですが、かめないからと流動食ばかりを食べさせるのではなく、かむ力に合わせてだんだんと普通のかたさの調理に進めたり、刻み食から一口大と、大きさも普通食に近づけていくといった調理の工夫も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です