歯科治療での静脈内鎮静法について

投稿者: | 2010年9月1日

歯科治療での静脈内鎮静法について

静脈内鎮静を行うと歯科治療の苦痛から解放されます
ご希望があれば
静脈内鎮静法は無料でおこなっています(インプラント)
恐怖感や治療器具を口の中に入れると吐き気がする方にはお勧めです
治療の記憶をあまり残しません
精神安定薬を静脈注射すると、気持ちを落ち着かせ不安や緊張感をやわらげます。
神経症やうつ病など精神的な不具合にはもちろん、心身症のような体の不調にも使われます。
ストレスで血圧が上がったり、胃腸の調子が悪くなったり、心臓がドキドキしたりします。
以前歯科治療で恐怖感が強く、上記の様な症状で歯科治療が受けられない場合、点滴をして静脈鎮静はオススメです。
治療の恐怖感や不快感を取り除きます。
恐怖感が有っておこなっていますが、3本程のインプラントで20分程で終わります。
インプラントの処置のあいだは寝ているので終わった事を告げるとまた眠くてウトウトとしてました。

恐怖感だけでなく、器具を口の中に入れると吐き気が起きる方もいて静脈内鎮静を行うと吐き気は防止されて快適な治療が行えます。 

時間のかかる処置では抜歯等で苦痛となる事も多いと思いますが、鎮静で行う事で処置後記憶に残らない事が多いです。  精神安定剤+イソゾール(バルビタール)精神安定剤だけで鎮静できないときバルビタールを追加したりする  

パニック障害の患者さんは器具を口に入れる事もできない。精神安定剤剤も常用しているので薬剤に耐性ができていて単一の薬剤で鎮静しづらい事も有る。歯の激痛に耐えていたが通常の診療ではパニックになり、治療は不可能で鎮静をおこなって治療した。

以 前同様の患者は色々で徐々に何度かの鎮静で通常の治療が可能な方のいらした。最近はビタミン混合(マイアーズ)やリポ酸、高濃度ビタミンC等で精神状態が 改善して調子が良く精神病薬(カルテでは統合失調)抗うつ剤SSRIやSNRI精神安定剤スタビライザーの減薬につながった人等がいる。精神科の投薬で口腔の機能障害(口が閉まらない噛めない等口の不随意運動ジスキネジア等)拒食過食(嘔吐)摂食障害(口が開かない様にして欲しいと主張した患者がいた)で精神科の投薬で改善しない、薬剤の副作用でお困りの方歯科の観点から口腔の機能の正常化(口から自然な食事が出来る様にする)を行います(1日20錠以上の精神科の投薬等)むしろ自発的に服用をやめて改善した例も有る。

一体精神病か薬の副作用か理解に苦しむ患者の例も見かける。


点滴療法は顎関節症等で顎とその周囲の痛み(線維筋痛症等もあり得る)や精神疾患
で投与されているメジャートランキュライザーの錐体外路系の副作用の口や顎の動きの異常や、鬱の治療薬代表的な
SSRI SNRI NaSSA に関与する伝達物質(代表的なドパミン ノルアドレナリン セロトニン GABA アセチルコリン等)の正常化が期待される。アセチルコリンは神経筋伝達 物質で顎の動きにも関与する。過食嘔吐拒食は歯の状態もひどく極度の体重減少等も生じて、投薬が無効であればビタミンC B群等の点滴で伝達物質の正常化は、過食嘔吐の抑制できりもない歯の悪化に効果が考えられる。 

歯科治療で麻酔は歯肉に注射しますが、強い恐怖を感じたりする人も多いものです。その為 歯科治療から遠ざかり口腔状態の悪化を招く人も多いようです。そのため麻酔薬 鎮痛薬や向精神薬を静脈に点滴などで注入し、麻酔(完全には意識を取りません)に近い状態にする方法です。静脈内鎮静法は精神の緊張状態から開放して治療を可能にする事を目的としています。治療中はぼんやりした状態で緊張状態を和らげそれに伴い健忘効果が生じ治療を覚えていない事が多いです。ですから薬を静脈注射すると歯科治療後この静脈内鎮静法では[もう終わったのですか?]と、よく聞かれることが多く、覚えていないため時間の感覚がその間飛んでいるようです。静脈内鎮静は局所麻酔効果としては不十分なので、局所麻酔を併用します。歯科治療恐怖症やパニック障害だけでなく、嘔吐反射が強い人にも適しています。

静脈内鎮静法についてyoutube

Wikipedia静脈内鎮静法を作っておきました

良ければ誰か書き足してください

笑気吸入鎮静法では下記の症状は改善しずらいので静脈内鎮静法が適応します

!高血圧症などの循環器疾患の方(笑気では逆に高血圧を悪化させて危険な場合が多い)
・恐怖心を有する方(記憶が残り恐怖感に対応でき無い)
・脳貧血の方(恐怖感に対応でき無いので効果は薄い濃度を60%以上にしないと効果を及ぼさない人がいる)
・嘔吐反射の方(嘔吐反射には無効)
・外科処置・インプラント手術(鼻にマスクをするので不衛生で手術の邪魔)

MDMAは脳内のセロトニン等を放出させることにより、人間の精神に多幸感をもたらすとされる。
成分はメタンフェタミンと似たもので覚せい剤の一種でエクスタシー(EcstasyまたはXTC)という通称を持つ。ACh(アセチルコリン)と5-HT(セロトニン)、NA(ノルアドレナリン) ドパミン等は
脳の活動状態を修飾する主要な要素である.
覚醒剤の後遺症として統合失調症のような、良く聞く幻覚妄想状態や、意欲低下や引きこもりといった、統合失調症の陰性症状の様な症状が出たりする。
覚せい剤の原料として良く利用されるのがエフェドリンである。
エフェドリンには気管支拡張やせき止めなどの効果があり、医薬品の成分として使われているが、10%を超えた場合は覚せい剤原料とみなさる。ちなみにエフェドリンは診療所では血圧が低下して危険な場合使用して、血圧の上昇に使用する。40mg(1cc)のアンプルである。
覚せい剤の押収量はちなみに調べてみると

次にコカインこれも覚せい剤に類似した作用を脳に起こす
コカインは作用が強烈で短時間、覚醒剤はコカインより弱いが長時間作用する。
以前は歯科でも表面麻酔で使用されてた経緯がある。大分前の話だが。
有名なコカ・コーラにも1903年までコカインの成分が含まれていたとの事、開発者ベンバートンはモルヒネ患者でその代わりに開発した様だ、薬局などで売られていた頃はドープという麻薬の俗称で呼ばれていた、1903年コカ・コーラはコカインの使用を中止し、代わりにカフェインが用いられるようになった。
使用により精神障害としては、幻覚や思考の異常、精神錯乱、不眠や疲労困憊、焦燥感、鬱などの症状が始まり、妙に多弁になったり、何かをせずにはいられないような衝動、そしてコーク・バグと呼ばれる特殊な感覚が起こります。体の中に虫が這うような感覚が起きるようだ。
次はマリファナは大麻成分(テトラヒドロカンナビノール)
アメリカでは医療使用が行われている
大麻には鎮痛作用・鎮静作用・催眠作用・食欲増進作用・抗癌作用・眼圧の緩和・嘔吐の抑制などがあり、アメリカ合衆国では慢性痛患者の8.9%が自己治療で大麻を使用している。また、モルヒネなどのオピオイド系鎮痛薬やイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症剤に十分な効果が見られない疼痛に対して大麻が有効である。ほかに、神経保護作用や、脳細胞の新生を促す作用が存在するらしいことが示唆されている。
大麻はHIV アルツハイマー うつ病、強迫性障害 不眠症 てんかん 気管支喘息 帯状疱疹 多発性硬化症 筋萎縮性側索硬化症 クローン病 パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとされている。コカイン、ヘロイン、覚醒剤、アルコールなどの依存症から脱却するための治療薬として、自己治療や、一部の医師やカウンセラーの指導の下で大麻が用いられている。モルヒネから変化したヘロイン等の禁断症状は結構熾烈でジョンレノンの曲でコールドターキーが有名。
利点として大麻が医療用途に注目される理由には
身体的害(副作用)が少なく、第一選択薬として望ましい。
法的規制の問題を除けば、本質的には製造・入手が容易かつ安価。
次にタバコ日本たばこ産業が合法的に売っているタバコ、主成分はニコチンで脳内のドパミンの変化によって快感を起こすような薬物で コカイン、ヘロイン、覚醒剤と同様な作用によっているが、毒性が麻薬指定の薬物程でないので毒物指定程度で合法で売られている。

山の手線歯科インプラント東京歯科インプラント有楽町歯科インプラント新橋歯科インプラント浜松町歯科インプラント田町歯科インプラント品川歯科インプラント大崎歯科インプラント五反田歯科インプラント目黒歯科インプラント恵比寿歯科インプラント渋谷歯科インプラント原宿歯科インプラント代々木歯科インプラント新宿歯科インプラント 新大久保歯科インプラント高田馬場歯科インプラント目白歯科インプラント池袋歯科インプラント大塚歯科インプラント巣鴨歯科インプラント駒込歯科インプラント田端歯科インプラント西日暮里歯科インプラント日暮里歯科インプラント鶯谷歯科インプラント上野歯科インプラント御徒町歯科インプラント 秋葉原歯科インプラント神田

中央線 歯科インプラント東京 歯科インプラント神田 歯科インプラント御茶ノ水 歯科インプラント四谷 歯科インプラント品川 歯科インプラント渋谷 歯科インプラント池袋 歯科インプラント新橋

JR  歯科インプラント千駄ヶ谷 歯科インプラント信濃町 歯科インプラント四谷 歯科インプラント飯田橋 歯科インプラント御茶ノ水 歯科インプラント中野  歯科インプラント荻窪 歯科インプラント吉祥寺 歯科インプラント三鷹 歯科インプラント小金井     歯科インプラント国分寺歯科インプラント 国立  歯科インプラント戸塚 歯科インプラント立川 歯科インプラント国立  歯科インプラント大船 歯科インプラント川崎 歯科インプラント蒲田 歯科イン プラント大森歯科インプラント 長野 歯科インプラント松本

小田急線歯科インプラント新宿歯科インプラント南新宿歯科インプラント参宮橋歯科インプラント代々木八幡歯科インプラント代々木上原歯科インプラント東北沢歯科インプラント下北沢歯科インプラント世田谷代田歯科インプラント梅ヶ丘歯科インプラント 豪徳寺歯科インプラント 経堂歯科インプラント千歳船橋歯科インプラント祖師ヶ谷大蔵歯科インプラント成城学園前歯科インプラント 喜多見歯科インプラント狛江歯科インプラント和泉多摩川歯科インプラント 登戸歯科インプラント向ヶ丘遊園歯科インプラント生田歯科インプラント 読売ランド前歯科インプラント百合ヶ丘歯科インプラント新百合ヶ丘歯科インプラント柿生歯科インプラント鶴川歯科インプラント玉川学園前歯科インプラント町田歯科インプラント相模大野歯科インプラント 小田急相模原歯科インプラント相武台前歯科インプラント 座間歯科インプラント海老名歯科インプラント厚木歯科インプラント本厚木歯科インプラント愛甲石田歯科インプラント伊勢原歯科インプラント鶴巻温泉歯科インプラント東海大学前歯科インプラント秦野歯科インプラント渋沢歯科インプラント松田歯科インプラント新松田歯科インプラント開成歯科インプラント栢山歯科インプラント 富水歯科インプラント 螢田歯科インプラント足柄歯科インプラント小田原
 急行
 歯科インプラント新宿 歯科インプラント代々木上原 歯科インプラント登戸 歯科インプラント新百合ヶ丘 歯科インプラント町田 歯科インプラント海老名 歯科インプラント秦野 歯科インプラント小田原
歯科インプラント中央林間 歯科インプラント鶴間 歯科インプラント大和 歯科インプラント長後 歯科インプラント湘南台 歯科インプラン ト善行 歯科インプラント藤沢 鵠沼歯科インプラント江ノ島 歯科インプラント代々木公園 歯科インプラント明治神宮前歯科インプラント表参道 歯科イン プラント乃木坂 歯科インプラント赤坂 歯科インプラント国会議事堂 歯科インプラント霞ヶ関 歯科インプラント日比谷 歯科インプラント二重橋 歯科イ ンプラント大手町 歯科インプラント湯島 歯科インプラント千駄木 歯科インプラント日暮里
歯科インプラント町屋 歯科インプラント北千住 歯科インプラント綾瀬 歯科インプラント五月台 歯科インプラント栗平 歯科インプラント永山 歯科インプラント多摩センター 歯科インプラント唐木田

相鉄線歯科インプラントいずみ中央歯科インプラントいずみ野歯科インプラント海老名歯科インプラントかしわ台歯科インプラント上星川歯科インプラント希望ヶ丘歯科インプラント相模大塚歯科インプラントさがみ野歯科インプラント湘南台歯科インプラント瀬谷歯科インプラント鶴ヶ峰歯科インプラント天王町歯科インプラント西谷歯科インプラント西横浜歯科インプラント平沼橋歯科インプラント二俣川歯科インプラント星川歯科インプラント三ツ境歯科インプラント南万騎が原歯科インプラント大和歯科インプラント弥生台歯科インプラントゆめが丘歯科インプラント 横浜歯科インプラント緑園都市歯科インプラント和田町
相模線 
歯科インプラント茅ヶ崎 歯科インプラント寒川 歯科インプラント入谷 歯科インプラント相武台下 歯科インプラント下溝 歯科インプラント原当麻 歯科インプラント上溝 歯科インプラント橋本 
歯科インプラント八王子 歯科インプラント拝島