骨が平らで入れ歯が使用不可能な場合のインプラント ロケーター

投稿者: | 2018年3月21日

前方部はナイフエッジの尖った状態で臼歯部は平坦な顎の状態では入れ歯が使用不可能 尖った箇所では噛むと先端に力が集中して痛み潰瘍を作る。臼歯部は平たんで入れ歯は動き回る。つまり使用不可能で義歯無しの状態の患者に出くわす事が有る。骨鋭縁除去平坦部位の増骨 頤神経部位より後ろの臼歯部は下歯槽神経が有るのでインプラントが不可能 犬歯か小臼歯部位に深くインプラントでロケーターで咀嚼可能になった状態 食事が取れなくなるので栄養状態も悪くなり、リンゲル点滴でビタミンC シーパラ ラエンネックは患者の状態が改善