セラミック治療

投稿者: | 2010年5月2日

セラミックの歯は審美治療には欠かせません。従来のセラミックの主流は金属を使ったメタルセラミック(メタルボンド)でしたが、メタルセラミックは「歯茎の黒ずみ」といった経年変化や金属アレルギーで歯茎の色が黒くなる現象などの問題がありました。
オールセラミック技術はこれら身体に有害な問題点を解決しました。最新の技術では審美性は当然のこと、優れた耐久性や、こ今まで不可能とされていた奥歯のブリッジなどにも場合によって使用することが可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です