インプラントの種類 各社扱い

BioHorizons バイオホライズン

Hiossen-Osstem ETIII Impalnt

ハイオッセン オステム インプラント

Straumann – Implant ストローマン ITI

 

Nobel Biocare ノーベルバイオケアインプラント

 

バイオホライズン 表面微小形状は培養細胞の形状、配向性および増殖特性に強く影響する。しかし、このような効果に対する定量分析はほとんどない。そこ
で、我々が設計し作製したマイクログルーブ加工したチタンコーティングのポリスチレン表面上で、初代線維芽細胞の「ドット」コロニー内の
細胞がもつ増殖配向効果、および形質転換線維芽細胞株の培養における増殖配向効果を研究した。ラット腱線維芽細胞(RTF)コロニー
の縦横比、配向性、密度および付着面積はマイクログローブのサイズによって異なる傾向があった(p < 0.01)。我々は、コントロールとし
た平面で培養したコロニーの細胞と比較して、マイクログルーブ加工した基板上のコロニーにおける細胞形態の大きな変化、付着面積の減
少および細胞密度の減少を観察した。マイクログルーブ表面で培養された 3T3 線維芽細胞も同様の形態変化を示した。蛍光顕微鏡による
観察から、マイクログルーブが線維芽細胞内の細胞骨格タンパク質および付着タンパク質の分配と集合を変化させることが明らかとなった。
これらの所見は過去の実験結果と一致していることから、我々の動物実験および細胞コロニー培養実験の結果を合わせることで、マイクロ
グルーブの細胞に対するコンタクトガイダンス(形状、配向、増殖)効果に関する一つの仮説が提案できる。

ノーベルアクティブは、ノーベルバイオケアの他のインプラントとは異なる、新しいタイプのインプラントです。軟らかい骨質、抜歯窩、または審美性が求められる領域を治療する場合でも、良好な初期固定を実現します。 従って、ノーベルアクティブは抜歯即時埋入や即時負荷などの困難な症例やプロトコルにも適しています。

  • ストローマンは精密機械産業が盛んなスイスのバーゼルに本社があり、現在では世界70か国以上に歯科用インプラント関連製品を提供しているグローバル企業です。
  • 50年にわたる研究開発と充実した検査体制のもと、グローバルで活動する非営利学術組織とのパートナーシップにより、学術的に裏付けのある製品を提供しています。
  • ストローマンインプラントは、埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性が多くの研究により報告されています。*1,*2
  • 世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受け、患者さんのQOL向上に貢献しています。
  • ストローマン社は、世界のインプラント市場でナンバー1のシェアを持つインプラントメーカーです。
    (Straumann ANNUAL REPORT 2012より(Millennium Research GroupおよびiDataに基づく自社調べ))
オステムインプラントはR&Dへ積極的に投資を増強し、継続的に技術を向上しています。最先端の設備と世界最高水準の生産性だけでなく、最先端の加工技術と総合的な品質管理により、オステムの一流の製品が生産されています。
インプラント及び補綴コンポ―ネット

歯の無い部位のために設計されたオステムインプラントの歯科インプラントシステムは、天然歯の感触および審美性を満足させるために、顎にチタン製の人工歯根を埋植します。従来のブリッジや入れ歯に代わる、安全な治療法のひとつです。オステムインプラントはUSシステム(エクスターナル・ボーンレベル・インプラント)、 SSシステム(インターナル・ティシューレベル・インプラント)、TSシステム(インターナル・ボーンレベル・インプラント)、MSシステム(ミニインプラント)など多様なインプラントシステムを提案しています。